HOME>トピックス>最高基準の賠償金を請求する方法があります

プロに任せるメリット

ジャッジガベル

交通事故の被害者になってしまった場合、賠償金の請求交渉や手続きは弁護士に相談・依頼するのが最も良い方法です。保険会社とのやりとりは時間も手間もかかりますし、負傷した場合は入院や通院の必要もあり、その度に仕事を休む必要などがあり日常生活に支障をきたすことがあります。また、相手を直接やりとりせざるを得ないケースもあり、その場合は事故を起こした相手への怒りの気持ち等で精神的に苦痛を受ける可能性もあります。弁護士に依頼すれば、相手と接触することはまずありません。また、煩雑な事務手続きや保険会社とのやりとりの手間と時間が省け、日常生活に大きな支障をきたすことなく治療にも専念できます。

賠償金額には3つの基準がある

交通事故

交通事故の賠償金額には、3つの基準があります。1つ目は「自賠責保険基準」。自賠責保険の範囲での賠償金となり、最も低い金額の基準です。2つ目は「任意保険基準」で、任意の自動車保険に加入していた場合に適用される基準です。自賠責保険基準よりは高い金額となります。3つ目は「裁判所基準」です。3つのうち最も高い金額の基準となり、この基準で請求交渉が出来るのは弁護士に依頼した場合のみとなります。

ご自身の加入保険の内容を再確認しましょう

交通事故

弁護士費用は高いという印象をお持ちの方は、ご加入の保険に「弁護士費用特約」という特約を付帯しているか確認して下さい。この特約は、弁護士費用を保険会社が支払いますので、実質0円で弁護士に依頼が出来ます。この特約は自動車保険のみならず、火災保険に付帯されている場合もあり、同居の親が加入していた場合でも適用が可能です。交通事故に遭った場合は、まず加入している保険内容をチェックしましょう。