どのような仕組みになっているか

男女

交通事故の被害者になってしまった場合には、基本的に保険会社が対応してくれます。ですが、保険会社自体は、加害者の自動車を所有している人が加入している、会社を選ぶことになります。保険会社の対応が必ずしも自分にとって良いとは限らないでしょう。そのため、納得できないことも少なくないはずです。このような場合、被害に遭った自分自身はだれからの助けも受けられないことになってしまいかねません。そこで自分自身のことを助けてくれるのが、弁護士になります。弁護士は、法律を武器に様々な手法で被害者の代わりに戦ってくれるでしょう。もちろん、その分お金を支払わなければいけませんが、たいていの場合支払ったお金よりも多くの慰謝料を手に入れることができる可能性が高いです。

慰謝料が出る仕組み

交通事故

交通事故の被害者といえば、慰謝料請求を思い出す人も少なくありません。この点に関しては、弁護士と相談することでどのような仕組みになっているかを理解することができるはずです。弁護士を使って資料請求する場合は、大きく分けて2種類のものに分かれてくるでしょう。一つ目は、病院に通院する場合の慰謝料です。この場合には、交通費などが出るのもポイントになります。これに対して、後遺障害の場合の慰謝料請求も考えられますがこちらの方が大事なことが多いです。

後遺障害がある時に利用すると良い

男性たち

交通事故といっても、非常に軽度の場合には余り弁護士を使うことはないでしょう。あるとしても、病院まで行く時の費用の請求や治療費などの請求になるはずです。ただ、単独でそれだけ行っていても弁護士費用に対して、相手からとれる慰謝料はあまり多くないため基本的にそれだけで弁護士を頼む人はそこまで多くありません。ですが、後遺障害が発生している場合は話しは別になります。後遺障害とは、後遺症が発生している場合です。軽度のもので言えば、むちうちなどがこれに該当します。この場合弁護士を使うとよいでしょう。

具体的な後遺障害を見ていく

弁護士バッジ

具体的な交通事故の後遺障害を見ていくと、弁護士を使う場面は後遺障害の1級から14級に該当するような場合です。基本的に、後遺障害とは一時的なけがなどのことではありません。半永久的にけがをしている場合やしびれなどが治らない場合にこの障害を適用することになります。後遺障害を適用することにより、慰謝料請求をすることが可能になるでしょう。どのように請求したらよいかわからない場合は、やはり弁護士にお願いするのが一番です。弁護士を利用しなくても相手の保険会社の方でお金の支払いを決めてくれますが、より自分にとって有利な結果をためたい場合には法律のプロはあてになります。